インプラント後の食事

インプラント後の食事について

全部インプラントにした後の食事

インプラントは失った歯を治療する方法のひとつですが、一本でも全部の歯でも治療することができます。他に入れ歯といった治療方法もありますが、例えば総入れ歯にしたような場合、歯茎と入れ歯の間に隙間があるために食事の後にその隙間に食べ物が残ってしまい口臭の原因となったり、毎回入れ歯を外して洗うといった必要があります。インプラントはそのようなことがなく、歯茎の中の骨に人工の器具を埋め込んで固定するため自然の歯と同じように扱うことができるのです。食事の後に歯磨きをして済ませることができ、入れ歯のような手間も必要ありません。

全部の歯をインプラントに

インプラントや入れ歯は歯の治療方法です。それぞれ特長がありますが部分的に治療する場合と全部の歯を治療場合にもできる方法となります。しかし入れ歯は部分入れ歯、総入れ歯ともに歯茎の上に取り付けることになり、どこかの歯に金具で引っ掛けて止めるという方法となります。そのため入れ歯は確実に固定されているわけではなく、隙間もあり動いてしまうものなので、どうしても違和感が出てしまいます。しかしインプラントはそのようなことがありません。全部の歯でも歯茎の骨に埋め込むため、確実に固定することができ天然の歯と同じ感覚で使用できるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの症状について All rights reserved