インプラントを検証

安心できるインプラント

インプラントに適する症例

歯が大変悪くなって食事が十分にできず、治療のあと入れ歯にする必要性が出たとします。入れ歯は口に異物を装着するわけですから違和感もあり作ったものの使いづらいということをよく聞きます。このように、入れ歯が合わない症例のかたのために良いのがインプラントです。日帰り手術で自分の歯のように美味しく食事ができます。費用は高めで保険はききません。事故や先天的な病気で不自由な場合のみ保険が適用されます。ご不自由ならば、一度かかりつけの歯医者さんでご相談されたらどうでしょうか。

インプラントの施術は通院が必要

歯科医院でインプラント治療を受ける場合には、1回の通院だけでは終了しません。初回の通院時カウンセリングなどを行い、その後1回目の手術を受けたあと、ある程度の期間をかけて基材を骨に定着させます。定着後に人工歯を接続するための手術も行われますので、トータルの通院回数は7回から10回程度が一般的です。治療終了後もメンテナンスを定期的に受けることが重要です。長期間の治療となりますのでスケジュールに余裕をもってインプラント治療に臨みましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの症状について All rights reserved