インプラントの症状

インプラントの症状について

全部の歯が無くてもインプラント

インプラント治療は、歯周病などの症状が悪化したものではない限り、歯が全部抜け落ちた人の場合でも治療をすることが可能になっています。歯茎が健康的なものであれば、比較的、どのような場合でも治療を行うことが可能であるため、治療を実施してもらう前に、歯周病などの治療を先に行う必要があります。インプラント治療をした後には、きちんとしたケアをしなければ、埋め込んだ金属が抜けてしまうことがあるため、歯周病などにならないように、普通の歯と同様にケアをし続けることが重要になっています。クリニックでのケアも定期的に行う必要があり、健康的にすることが大切です。

全部の歯が抜けた場合の治療

インプラント治療は、総入れ歯の人も行うことが可能になっている治療です、歯が全部抜け落ちた人の場合でも、きれいな歯を手にすることが可能であり、しっかりと噛むことができる状態になることが可能です。全部の歯が抜けた場合に向いている治療は、ALL ON 4という治療法です。この方法では、片あごに4本のインプラント体を埋め込むことによって、すべての歯を取り付けることができるため、比較的短い時間の手術で対応してもらうことができます。費用も抑えることができるため、かなりメリットがある治療内容になっていて、人気があります。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントの症状について All rights reserved